2300系の生立ち

1960年(昭和35年) 京都線通勤車両として登場。当常時から1500[V]仕様車であった。 ※架線電圧が神宝線は600[V]であったが、京都線は1500[V]であった。
1961年(昭和35年) 鉄道友の会、第一回「ローレル賞」受賞となる。 2000系も共に受賞。
1962年(昭和35年) 運転台無しの中間車製造始まる。 竣工当初は、運転台付きのM・T者のみであった。
1964年(昭和37年) 連結妻の広幅貫通路が、妻引き戸に変更となる。 現在の阪急電車で使用されている、連結面の扉形状となった。
1967年(昭和42年) 製造両数、78両となる。
1978年(昭和53年) 冷房化及び、界磁チョッパ制御更新工事始まる。 2311・2331は、電気子チョッパ試験車となった。
1981年(昭和56年) 冷房化及び、界磁チョッパ制御更新完了。
2000年(平成12年) 2311*6、運用離脱 後に廃車。電気子チョッパ試験車であった。
2001年(平成13年) 2305*7、運用離脱 後に廃車。中間に2800系を連結していた。
2003年(平成15年) 2307*7、運用離脱 後に廃車。本線運用の非表示幕車消滅。
2005年(平成17年) 2301*4・2303*4、運用離脱 2301*4は、2301・2352のみ正雀車庫にて保存
9300系増備に伴い、4連*2編成が形成される。 4連化に伴い、余剰となった車両は廃車。
2009年(平成21年) 嵐山線6300系4連登場により、2300系4連撤退。 2309*4・2319*4・2323*4は離脱。京都線より非表示幕運用車消滅。
2010年(平成22年) 2309*4・2319*4・2323*4 全車廃車解体

戻る