健 在!
3000

神・宝、本線を走る3000系

運転速度変更以降、殆どが普通運用となったが、まだまだ現役である。
車両概要 歴史 写真 その他
 阪急3000系は、阪急電鉄がまだ600Vで運転されていた時代から走り続けており、神戸・宝塚
本線を走る車両では、もっとも古いものである。
 編成中のT車に、2000系・2100系を含むものもあるが、これは今回除く。
 デビュー当初は、表示幕非設車両であったが、時代に合わせ、現在本線を走る車両には全て装備
されている。
 表示幕の設置と、尾灯・標識灯の位置変更・クーラー装備以外は、殆どデビュー当時と変わっていな
い。
 9000系の増備が始まると、廃車の可能性が一番高い形式である。

戻る