こちらも父が置いていた物です。普通の切符と尼港線の切符は種類が違ったようです。

戻る