117系新快速
113系新快速が運転された同じ日、10月10日(日)。新快速運用の113系の後を受け継いだ
117系新快速も同じく運転された。その運転はまるで113系を惜しみ、同じ時代を走ってきた同志
が肩を並べて最後を走るようであった。117系は113系よりも早く、東海道山陽本線(米原〜姫路間)の
運用からは退いており、今回の運転は久々のものであった。113・117系共に今後は支線での
活躍のみとなってしまうが、共に最後まで力強く駆け抜けていくだろう。

写真館トップに戻る


塚口駅に回送でやってきた117系新快速使用車両。留置線いっぱいに入った12両編成は
小さな塚口駅に止まればいつも見ている12両より長く見えるような気がした。


マークも往年の物を再現された。


出発駅大阪へ向けて回送される。尼崎駅では急に来る列車に注目する人が多くいた。


長岡京を通過。新快速としてここを通過するのは久々だっただろう。


中間連結部分。6+6の編成であった。

ページ最上部へ