快速あまるべ

 平成18年10月21日、餘部橋梁にキハ2858が帰ってきた。
 当時西日本に残っているキハ2858は数少なく、車両の珍しさと架け替えが近づいた
餘部鉄橋には多くの鉄道ファンが集まった。
 過去には普通や急行列車として数多く通過したニッパゴッパだが、快速あまるべが運転
された時には、付近の車庫にはキハ2858が配属が既に無くなっていた。
 臨時・団体列車でも運転される可能性がかなり少なく、餘部鉄橋とキハ2858を一緒に
撮影できる最後のチャンスだったのかもしれない。(2008年3月の段階では、快速あまる
べが最後の走行)
 晴天に恵まれた餘部鉄橋であったが、時折曇り空となり撮影ファンを悩ませた。
 しかし夕方には綺麗な夕日となり、黄金色に輝く橋梁とニッパゴッパを撮影することがで
きた。
 共に一時代を生きてきたもの同士、終焉は近い・・・。
2008年3月17日書

写真館トップに戻る


餘部橋梁に入ったキハ2858。1回目は車両が影に入ってしまった。


全体としては晴天に恵まれていたが、鉄橋部分だけ影となっている。
餘部撮影は気象条件に左右されることが多かった。


折り返し城崎へ。朱色の橋梁に国鉄色が映える。


日本海に流れる細い川にかかる1本の小さな橋。
その上には東洋一を誇る餘部橋梁。2つの橋の上を、ニッパゴッパは走る。

ページ最上部へ