寝台特別急行あさかぜ
昭和31年11月19日、戦後初の寝台列車として登場したのがこの「あさかぜ」です。
運転当初は東京−博多間を結び、最終的には東京−下関間の運転となっています。
運転開始直後は、旧型客車を使用していたが、昭和33年10月1日より、20系客車
を使用。昭和43年10月1日のダイヤ改正には、博多行きが1本増発、昭和45年
10月1日には下関行きが新たに設定された。昭和47年3月10日には、博多行き
1往復の車両を20系から14系寝台車に変更。昭和50年3月10日に博多行き
の運用が1往復廃止された。昭和52年9月25日には、下関行きが24系25形に
変更され、20系の運用は消滅した。平成5年3月18日、博多行きに連結されていた
食堂車の営業を休止(事実上スシを連結しているのみの状況)、平成7年12月3日
に博多行きの運用が消滅し、最終時の下関行きのみの1往復となった。
引退する前からもあさかぜの人気は比較的高いもので、休日の東京駅等では
少しではあるがファンの姿が見られた。しかし営業的な問題では、新幹線や飛行機が
進歩する中、乗客の数は減り、営業が困難な状況となった。
伝統ある寝台列車を何とか残そうと試行錯誤を繰り返してきたが、平成17年
3月1日のダイヤ改正で姿を消すこととなった。あさかぜの他にも、富士の単独運用
廃止、さくらの廃止があり、東海道山陽本線を走る列車本数はこのとき2本消滅した。
歴史ある列車であったが、時代の流れにはついていけず、移動の高速化を求める現在
の人々の思いにはついていけなかったようだ。また値段も他の交通手段よりはるかに
高くなってしまうという欠点もあった。しかし寝台列車でしか味わえない物も多くあると
思う。それを少しでも長く、少しでも多く残していく必要があると思う。
とある新聞にも、同様に「残しておく必要性がある」と記載されていた。
引退はしたが、あさかぜは長い年月の間に多くの人々を運び、人生の一部となり、
夢を運んできた。里帰りで故郷の父母に会いに行くもの。夢膨らませ東京へと
向かった者。夢敗れ故郷に帰るものといろんな人が居たはずだ。
その人々の中では、あさかぜは永遠に走り続ける。

写真館トップに戻る


有名撮影地の小野田−厚狭を通過する。増結し長い編成はこの撮影地では嫌われる
と言うが、個人的には長い方が好きである。


上と何が違うの?と聞かれると・・・機関車の番号!ヘッドマークが古くなった!だけである。
と言うのも諸事情で同じ場所に来ることとなったからである。
冬場では両日共に感度800で無いと撮影は困難であった。

ページ最上部へ