寝台特別急行 日本海

・日本海の歴史
1950年、1947年から大阪〜青森間を運転していた急行列車を日本海と命名される。
1968年、「ヨンサントオ」ダイヤ改正にて20系車両を使用し寝台特別急行に格上げ。
※ダイヤ上では、特急日本海は新設で、急行日本海はきたぐにへ列車名変更となっていた。
1975年、湖西線経由となり、車両が14系寝台車へと変更される。また食堂車連結廃止となる。
また、季節運転として日本海1・2号が新設される。
※この頃、ヘッドマークの掲出が取りやめられていた。
1976年、季節運転の日本海1・2号、24系25形に車両変更。
1978年、日本海1・2号定期列車化。また車両を3・4号含めて24系・24系25形に変更。
1・4号は24系25形、2・3号は24系であった。
1980年、2・3号でA寝台廃止。
1982年、全列車24系25形に統一。
1985年、ヘッドマークの掲出が再開。
1986年、マニ50を連結した日本海モトトレール(バイク搬送)を運転。
1987年、2・3号で開放式A寝台連結。
1988年、1・4号函館行きとなる。営業運転で初めて青函トンネルを通過した寝台列車となった。
1998年、日本海モトトレール廃止。1・4号A寝台個室を連結。
2006年、1・4号函館乗り入れを中止し青森止めに変更。
2008年、2・3号廃止。1往復運転となる。
2012年、3月17日ダイヤ改正にて定期運転廃止予定。

写真館トップに戻る

宮原出区 塚本駅 大阪駅1 大阪駅2 淀川橋梁 百山踏切 湖西線 北陸本線


2往復運転があった時代の宮原出発準備。
撮影した時点でも、同じ列車名の寝台特急が2往復も現存していたのは置かれていた環境が生み出した偶然だったのかもしれない。


寝台特急となった1968年〜1975年までの間は、EF70牽引であり、1976年3月からEF81となった。
EF70牽引の時代から40年以上が経つが、基本的なスタイルは2012年になっても貫き通していた。

ページ最上部へ