急行能登路

平成16年7月31〜8月1日・8月7〜8日とJR金沢駅発のと鉄道珠洲駅の間を
平成14年3月22日まで運転されていた急行能登路号の復活運転を実施した。
塗装も原色の国鉄色に塗りなおされ懐かしさを感じさせてくれた。
運転の際には沿線に多くのファンが見られ、特にのと鉄道内での撮影者が多く見られた。
途中の停車駅でも撮影会が行われ、撮影や入場券の購入を楽しむファンの姿も見受けられた。
終点の珠洲駅では、撮影会及び物品の販売会が行われたほか、印象的だったのが入れ替え時の
乗務員、係員の作業風景だった。入れ替え時の手旗は独特な物があり、凄く興味深かった。
しかしこれが見られるのは平成17年春までのことである。のと鉄道は平成17年春に、穴水〜蛸島間
の廃止を発表している。能登半島の人々の交通手段として重要な役目を果しているのと鉄道。
なんとか良い方向に向かっていくことを願いたい。

写真館トップに戻る


まず始めは穴水〜仲居にて撮影。久々にみる国鉄色の2858はやはりかっこよかった。


宇出津に追い越し九十九湾小木付近にて撮影。
大変綺麗な場所でした。


恋路海岸に停車している間に追い越して南黒丸ー鵜飼にて撮影。
追いついたもののこの場所に着いてほとんどすぐに走ってきた。


鵜飼停車中に追い越して鵜飼ー上戸にて撮影。
鵜飼ではファンの為に長時間停車した為比較的楽に追いついた。


上と同じ場所。光線の都合上ケツ打ちにした。
場所の良さから折り返しの1発目をここで撮影することになった。

ページ最上部へ