しなの鉄道、リバイバル信州

 平成20年9月13日、長野県内を走る「しなの鉄道」に、懐かしい色がよみがえった。
 169系湘南色である。
 しなの鉄道では、開業時からJRで使われていた115・169系を使用しており、今回
のような塗装復活が可能であった。
 あまりにも有名な話だが、現在しなの鉄道が走っている路線は、旧信越本線の一部
であり、特急・急行列車も数多く走っていた名所であった。
 当然湘南色の169系も走行しており、懐かしい塗装が帰ってきた。
 今後も定期運用、団体列車などで使用されるということだが、湘南色自体が減少して
いるこの時代。是非とも大事に継続していってほしい。


2008/10/4書

写真館トップに戻る


撮影1発目。天候は最悪だったが久々の湘南急行がまぶしかった。


徐々に天候は回復したが、この段階でもまだ雲が多かった。翌日に期待しつつ長めのレンズで正面を。


2日目の1発目。前日とは違い快晴。青空の緑が似合う塗装。

ページ最上部へ