国鉄色特急しらさぎ
485系で運用されていた特急しらさぎもとうとう683系に入れ替えられることとなった。
その上683系での出発式はあったものの、過去の485系しらさぎは風に用に静かに去って行く
運命となった。今まで使用してきたされてきた車両にとって一番悲しいことであっただろう。
最終期には国鉄色での運用はほとんど無く、ボンネット車での定期運用は雷鳥よりも一足先に離脱
していた。貫通・非貫通車の国鉄色運用も最後は臨時のみとなり定期運用は離脱していた。
そしてしらさぎ色での運用も無くなり、現在は全て683系で運転されている。

写真館トップに戻る


近江塩津通過


この写真も最終期の撮影。元スーパー雷鳥のしらさぎ色も運用に入りだした頃でこの車両も
489である。結局481系が先頭に立つしらさぎは撮影することができなかった。
昼間の近江塩津を通過するボンネットしらさぎ。


カタカタカタ〜と台車の音を鳴らしながら通過して行った。


当時近郊区間を利用してしらさぎを撮りに行った時の写真だが、到着してすぐにボンネットが入線
している事に気付き撮影できた。このとき撮影できていなければ近江塩津での写真は
無かったかも知れない。交直特急電車と言えばやはりボンネットだろう。


当時息が切れていたのだろうか?すごく傾いている写真だ。
新快速から降りて急いで疲れていたような記憶もある。
当時一眼を買い始めてすぐのころ。完全オートで撮っていた頃だが、
写真があるだけまだ良いかと思っている。しかしまた撮りたい列車の一つだ。

ページ最上部へ