北陸の交流電車は今
北陸本線で、普通列車として活躍する交流電車の中には、471・473系
から改造の413系、その他にも415系、457系等が現在も活躍中である。
581・583系から改造の419系は、2011年3月12日ダイヤ改正にて運用離脱した。
現在は敦賀機関区裏に、クモハ419-1・モハ418-1・クハ418-1が留置されている。
元は特急・急行で活躍したことのあるこれらの車両も、現在は時代の流れから、
金沢以北を中心に普通列車として活躍している。
しかし近年、521系新形車両の登場により、徐々に今後の行く末が怪しくなりつつあります。
大量にあった車両が、一気に新形車両に変わってしまうと言うことは、近年多く見られることで、
撮影はなるべく早くしておくほうが良いであろう。2012/3/26書

写真館トップに戻る

1(475系国鉄色)
2(475・413系北陸色)
3(419系・1)
4(419系・2)

1(475系国鉄色)


倶利伽羅を登る475系国鉄色。3両だが国鉄色はやはり美しい。


福岡〜石動間を通過する同編成。


富山に到着後折り返してきた同編成。


北陸色と組み、6連で運用に入る。


水の入った田園地帯を行く3連。


麦畑の夕日をサイドから。急行形電車の雰囲気をしっかり残しているスタイル。

1(475系国鉄色)
2(475・413系北陸色)
3(419系・1)
4(419系・2)

ページ最上部へ