懐かしのキハ28・58
独特のディーゼル音。地方によっていろいろなカラーや装備のあったキハ28・58。
全国各地を走っていたその車両ももうわずかである。山陰線・福知山線・舞鶴線・小浜線・姫新線・
高山線等などで見られた普通・急行列車も最早過去のものとなった。各線は次々と電化開業し
ディーゼル車は減少へと進んでいる。非電化区間の急行列車キハ58・28。
それはやはり魅力ある車両だった。

写真館トップに戻る


木津通過


6両編成の京都総合運転所所属のキハ28・58。現在は役目を終え車両も解体されてしまった。
この写真も終盤が近づく頃の写真だが、確か先頭側で撮影していたのは2〜3人だった記憶がある。


こちらは平窓側の58。個人的意見だがやはりキハ58・28は平窓と言う意識がある。
一時パノラマミックが好きになったと言っても1ヶ月ほどで良く見ているとやはり平窓の方が
58・28らしくかっこいいと言うイメージになった。これも完全オートしか知らない時の撮影だが
良く写っている方だと思う。


木津を通過する天理臨の3両編成。後ろ前共に平窓で幕も白だった。


京都の28・58の最終期ごろである。最終期は岡山に貸し出しされ最後の活躍をしていた。
砂丘の展示にも利用され、最後の華を咲かせたと言うところであろうか。
やはりこの時は撮影者も多かった。


かなり前の写真である。KTR内に旅行に行った際たまたま来た福フチ?のキハ28・58。
この当時は福知山の駅前に大量にキハやDLが並んでいた記憶がある。
友人の証言より大江駅であることがわかった。

ページ最上部へ