交流機関車(貨物列車)
全国を走る鉄道において、貨物輸送と言う役目は鉄道登場時より重要な役目である。
今日に至っても、その役目は低公害・大量輸送等の面より重要化しつつある。
その中でも走行区間により、直流区間と交流区間に大別される。
直流区間では東京〜大阪〜下関等、交流では黒磯〜青森〜函館等の大動脈の物資輸送を担っている。
機関車としても開発は進み、交流区間では、九州でED76、東北・北海道でED75・79・EH500等がその役目に就いている。
時代は変わりつつある今、一時代を支えた機関車も、新しい機関車にバトンタッチして行く時代となっています。
しかし今なお頑張る機関車達、そして現在新たに導入されつつある機関車達を公開して行こうと思います。

写真館トップに戻る


重連の75運用はかなり激減してしまったようだ。

ページ最上部へ